性病予防のためにしておきたいこと

性病の感染による健康被害を受けないようにするためには、病気の予防に最善を尽くすことが重要になります。
性病にはさまざまな種類がありますが、排泄がしづらくなったり、痛みやかゆみが発生したりするなど、日常生活に大きな影響を及ぼします。

日本でも特に毎年多くの人が感染している性病として有名なのはクラミジアという病気です。
クラミジアは男性、女性ともに感染する病気で、クラミジアの一種である細菌が性器などに感染することによって発症する病気です。
この病気に感染した場合の男性の初期症状として特徴的なのが、症状が発症してもおよそ8割程度の人は無症状であることです。
女性も同様にこの細菌に感染しても無症状であるケースが存在します。

はっきりとした形で初期症状が現れるケースでは、男性の場合、尿道から透明なうみが排出されるのが特徴です。
このような初期症状が現れても治療せずに放置した場合には、細菌が体の奥の方まで侵入していく結果として、前立腺や腎臓などの器官に炎症が発生する可能性もあります。

性病の予防をするうえで大切になるのは、異性と直接、接触することをなるべく避けることです。
そのために重要になるのは、自分で自分の性欲をコントロールできる意志の力です。

性病に感染する可能性が高まるのは、不特定の異性と日常的に性行為を行なうような場合です。
多くの異性と性行為を繰り返すことで、性病に感染している異性と接触する機会もそれだけ増えることになることから、結果として性病に感染する危険が増大することになります。
そのために異性と性行為をする場合には、できる限り限られた相手とだけ行なうことが感染を予防するためには最善の方法になります。

恋人や配偶者など特定の相手とだけ性行為を行なうことで、感染の確率を大きく下げることができますが、予防を徹底するためには、相手が性病に感染していないかどうか、検査をしてもらうことも重要です。
病院で検査を受ければ、性病に感染していないかどうかが簡単にわかります。

コンドームで防げる性病も多数

性行為による性病の感染を予防するうえで、効果が高いもう一つの方法は避妊具を使用する方法です。
男性の場合には、性行為の前にしっかりとコンドームを着用することで、女性の体内にいるクラミジアの侵入を防ぐことができます。

クラミジアは尿道を通して体の中に侵入するのがほとんどのために、コンドームを正しく使用すればほぼ完全にクラミジアの感染を防ぐことが可能です。
コンドームはクラミジア以外の性病感染を防止するうえでも大きく役立ちます。

日本国内でクラミジアと並んで、毎年多くの人が感染している病気として淋病がありますが、この病気も淋菌という細菌が体の中に侵入することによって、発症します。
淋菌も性行為を通じて男性の体内に侵入するために、コンドームを着用することは、感染の被害を避けるためには大きな効果があります。
これらの性病以外にもたいていの性病はコンドームを正しく着用することで完全に防ぐことができます。

コンドームを常日頃から携帯する習慣を身につけることによって、性病の予防に役立ちます。
ですが、その一方でコンドームを着用していても性病が感染する場合もあるので、注意が必要です。
感染の可能性がある行為は口と口による接触です。
クラミジアの場合、病気に感染している女性は、口の中にも細菌が生息している可能性があるために、キスによっても細菌が感染する可能性があります。
そのために、どうしても性病に感染したくない場合には、女性の口と自分の体を直接接触させないようにすることも重要になります。
こうしたケースでもコンドームを着用する方法は、性病の感染を防ぐうえで大きな効果があります。
異性と性行為を行なう場合には、どのような場面でもコンドームを常に着用するのが、一番確実な予防策です。

関連記事
女性特有の更年期障害を改善するには 2020年07月09日

更年期障害は45歳位から起こりはじめます。女性ホルモンであるエストロゲンの減少が関係しており、体は老化によってエストロゲンを分泌することができにくいのに対し、脳がエストロゲンを出すように指令を出すので、体の中で混乱が生じ様々な症状を引き起こしています。さらに、40歳から50歳代は家族の独立、介護問題...

ピルを服用すると肌にも効果がある 2020年06月02日

海外ではピルを使用している女性は珍しくないですが、日本で広く知られるようになったのは低用量ピルが登場してからです。ピルというと避妊を目的にした服用薬だと考える人が多いですが、避妊以外にも女性に役立つ効果があります。避妊を目的に開発された低用量ピルは産婦人科などで処方されます。ピルに含まれている卵胞ホ...

不感症で悩んでいるなら薬を使いましょう 2020年04月27日

女性で不感症の悩みをお持ちの方はとても多いです。人に相談しづらい悩みという事もあり、一人で抱えてしまっているケースも多いですが、その改善策はきちんとありますし、自分にあった方法を選択していく事で悩みを解決していきましょう。その一つが薬を使った方法です。性行為を行う時に、女性用のバイアグラ(ラブグラ)...

低用量ピルの飲み忘れに要注意 2020年03月23日

避妊や生理痛の緩和のために低用量ピルを服用しているという人が増えてきています。女性にとってピルは、自分自身の体を守ることにつながる薬で、望まない妊娠を防いだり、寝込んでしまう人もいるほどつらい生理痛を緩和したりすることができます。低用量ピルは、女性のホルモンバランスの乱れを整えるととともに、子宮内膜...

ピルを飲んで生理痛緩和できる 2020年02月27日

生理のたびに、腹痛や頭痛、腰痛などの生理痛で悩んでいる女性は大変多く、鎮痛剤が手放せないという人や生理痛が我慢できなくて仕事や学校を休んでしまったり、寝込んでしまったりする日という人もいます。つらい生理痛で悩んでいるなら、生理痛緩和のために、ピルを使用してみるという方法があります。ピルと言うと避妊を...

緊急避妊薬のモーニングアフターピルとは 2020年01月30日

子どもを身ごもり育てるというプロセスは多くの女性が頭に描くことで、将来そうしたいと考える人も多いです。しかし、望まない妊娠があることも事実です。最も多いのが避妊の失敗です。避妊には実に様々な種類があります。日本でも最もポピュラーな避妊方法がコンドームによるものです。ただ、コンドームが行為の最中に外れ...

アフターピルのアイピルとは何か 2019年12月31日

妊娠を望まない場合の避妊として、ピルやコンドームが知られています。日本で最も多く利用されているのは、コンドームですがその避妊率は86%といわれているものです。一方で、ピルは75%から99.9%の避妊率と称されていて、女性自身が選択できる確実に妊娠を避けられる方法です。避妊率の差については、ピルには低...

低用量ピルマーベロンとはどんな薬か 2019年12月28日

低用量ピルに分類されるマーベロンは、避妊したい女性におすすめの経口避妊剤です。マーベロンにはデソゲストレルとエチニルエストラジオールが有効成分として含まれており、毎日1錠ずつ飲み続けることで卵巣を休ませたり排卵を抑制するなどの効果が得られ、結果として避妊が出来ます。マーベロンは1相性のピルとなってお...

低用量ピル「トリキュラー」を解説 2019年12月26日

低用量ピルのトリキュラーは、第二世代の製品で日本の婦人科で最もポピュラーな低用量ピルと言っても良いほど第一選択肢として使われているものです。トリキュラーは、その主成分に卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールと黄体ホルモンのレボノルゲストレルが配合されたホルモン剤です。トリキュラーに含まれる卵胞ホルモ...

ピルは通販で購入できます 2019年12月23日

低用量ピルは通常はクリニックで処方してもらう処方薬で、日本ではドラッグストアなどで購入することはできません。しかし、通販サイトを利用することで購入できることをご存知でしょうか。処方薬と言っても、海外から購入することで、クリニックで処方する手間が省ける上に、価格も非常にリーズナブルです。一般的にクリニ...