女性特有の更年期障害を改善するには

更年期障害は45歳位から起こりはじめます。
女性ホルモンであるエストロゲンの減少が関係しており、体は老化によってエストロゲンを分泌することができにくいのに対し、脳がエストロゲンを出すように指令を出すので、体の中で混乱が生じ様々な症状を引き起こしています。
さらに、40歳から50歳代は家族の独立、介護問題などストレスにさらされることが多くなり、より症状が重くなる傾向があります。

更年期障害は個人差が大きく、まったく感じず閉経を迎える人もいれば精神的につらくなり長引いてしまう人もいます。
主な症状にはほてりやのぼせ、多汗、動悸、肩こりや腰痛といった体の不調やイライラが止まらない、不眠になる、突然不安になり泣きたくなるといった心の病があげられます。
疲れやすいと感じることが多くなり、さらには生理不順となることもあり、自律神経が混乱を生じてしまいます。

近年では40代以降の更年期に起こるのではなく30代の若い人でも更年期障害になってしまうことがあります。
若い人の場合は無理なダイエットをしたり、不規則な生活を送ったりストレスがたまりすぎたりして、卵巣機能が低下していることが原因としてあげられます。
冷えやほてり、めまいが主な症状ですが、若くして更年期障害になってしまうと不妊症の原因となってしまうこともあります。
ほてりなどを感じた場合は生活習慣を見直すようにしましょう。

更年期障害を改善するには、加味逍遥散や桂枝茯苓丸、女神散といった漢方薬を服用する、ホルモン補充療法などを行います。
日常生活においては、女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをする大豆イソフラボンを摂取する、亜鉛を意識してとる、食事は和食を中心とし、果物は皮ごと食べられるものを選ぶということを行います。
1日の中で1食は魚料理を取り入れるとより良いでしょう。

さらに運動を行うことも改善へと導きます。
ストレッチを十分に行い有酸素運動を中心に摂り入れてみましょう。
有酸素運動は20分から40分程度行うことが良く、体に良いだけでなく気分転換もはかることができます。

プレマリンを服用して解消

更年期障害の主な症状にほてりやのぼせ、多汗を引き起こすホットフラッシュがあります。
ホットフラッシュは突然起こるのが特徴で、顔を中心に急に熱くなったかと思えばすっと冷えてしまう、ということを繰り返します。
大量の汗が出ることが多いので、季節によっては臭いが気になったり、風邪をひきやすくなったりすることが多いです。

更年期障害を改善するにはホルモン補充療法が良いです。
ホルモン補充療法は内服薬を使用する、貼付薬や塗布薬といった外用薬を使用する、クリームのようなゲル状のものを塗る、といった方法があります。
内服薬にはプレマリンが処方されることが多く、プレマリンは結合型エストロゲンを主成分としています。
プレマリンは女性ホルモンであるエストロゲンを補充するので、のぼせや動悸、頭痛や肩こり、不眠症やイライラといった症状は改善へと導くことができます。
ただしうつ病やうつ状態になっているのを改善することはできません。
ホルモンの状態を改善する薬であるので、精神的な疾患の場合はメンタルケアをしっかりと行うようにしましょう。

プレマリンはクリーム状になっているものもあります。
クリーム状になっているものは主に、膣の乾燥や膣炎の場合に効果を発揮します。
直接塗るため膣が委縮するのを防ぎ、更年期障害による性交痛を和らげることができます。

更年期障害はいつか終わると思って我慢をしてしまうことが多いですが、個人差があり他の人にはわかりにくいためいつの間にか悪化してしまい治りにくくなっていることがあります。
ホルモンの分泌が低下する45歳位から意識をし始め自律神経を整えていくようにしましょう。
意識的に大豆イソフラボンを含んでいる食べ物や飲み物を摂取することも大切です。

関連記事
ピルを服用すると肌にも効果がある 2020年06月02日

海外ではピルを使用している女性は珍しくないですが、日本で広く知られるようになったのは低用量ピルが登場してからです。ピルというと避妊を目的にした服用薬だと考える人が多いですが、避妊以外にも女性に役立つ効果があります。避妊を目的に開発された低用量ピルは産婦人科などで処方されます。ピルに含まれている卵胞ホ...

不感症で悩んでいるなら薬を使いましょう 2020年04月27日

女性で不感症の悩みをお持ちの方はとても多いです。人に相談しづらい悩みという事もあり、一人で抱えてしまっているケースも多いですが、その改善策はきちんとありますし、自分にあった方法を選択していく事で悩みを解決していきましょう。その一つが薬を使った方法です。性行為を行う時に、女性用のバイアグラ(ラブグラ)...

低用量ピルの飲み忘れに要注意 2020年03月23日

避妊や生理痛の緩和のために低用量ピルを服用しているという人が増えてきています。女性にとってピルは、自分自身の体を守ることにつながる薬で、望まない妊娠を防いだり、寝込んでしまう人もいるほどつらい生理痛を緩和したりすることができます。低用量ピルは、女性のホルモンバランスの乱れを整えるととともに、子宮内膜...

ピルを飲んで生理痛緩和できる 2020年02月27日

生理のたびに、腹痛や頭痛、腰痛などの生理痛で悩んでいる女性は大変多く、鎮痛剤が手放せないという人や生理痛が我慢できなくて仕事や学校を休んでしまったり、寝込んでしまったりする日という人もいます。つらい生理痛で悩んでいるなら、生理痛緩和のために、ピルを使用してみるという方法があります。ピルと言うと避妊を...

緊急避妊薬のモーニングアフターピルとは 2020年01月30日

子どもを身ごもり育てるというプロセスは多くの女性が頭に描くことで、将来そうしたいと考える人も多いです。しかし、望まない妊娠があることも事実です。最も多いのが避妊の失敗です。避妊には実に様々な種類があります。日本でも最もポピュラーな避妊方法がコンドームによるものです。ただ、コンドームが行為の最中に外れ...

アフターピルのアイピルとは何か 2019年12月31日

妊娠を望まない場合の避妊として、ピルやコンドームが知られています。日本で最も多く利用されているのは、コンドームですがその避妊率は86%といわれているものです。一方で、ピルは75%から99.9%の避妊率と称されていて、女性自身が選択できる確実に妊娠を避けられる方法です。避妊率の差については、ピルには低...

低用量ピルマーベロンとはどんな薬か 2019年12月28日

低用量ピルに分類されるマーベロンは、避妊したい女性におすすめの経口避妊剤です。マーベロンにはデソゲストレルとエチニルエストラジオールが有効成分として含まれており、毎日1錠ずつ飲み続けることで卵巣を休ませたり排卵を抑制するなどの効果が得られ、結果として避妊が出来ます。マーベロンは1相性のピルとなってお...

低用量ピル「トリキュラー」を解説 2019年12月26日

低用量ピルのトリキュラーは、第二世代の製品で日本の婦人科で最もポピュラーな低用量ピルと言っても良いほど第一選択肢として使われているものです。トリキュラーは、その主成分に卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールと黄体ホルモンのレボノルゲストレルが配合されたホルモン剤です。トリキュラーに含まれる卵胞ホルモ...

ピルは通販で購入できます 2019年12月23日

低用量ピルは通常はクリニックで処方してもらう処方薬で、日本ではドラッグストアなどで購入することはできません。しかし、通販サイトを利用することで購入できることをご存知でしょうか。処方薬と言っても、海外から購入することで、クリニックで処方する手間が省ける上に、価格も非常にリーズナブルです。一般的にクリニ...