アフターピルのアイピルとは何か

心配している女性

妊娠を望まない場合の避妊として、ピルやコンドームが知られています。
日本で最も多く利用されているのは、コンドームですがその避妊率は86%といわれているものです。
一方で、ピルは75%から99.9%の避妊率と称されていて、女性自身が選択できる確実に妊娠を避けられる方法です。

避妊率の差については、ピルには低用量ピルとアフターピルの2つの種類があり、アフターピルは、性行為後に服用した場合の経過時間によって、その確率が変わります。
低用量ピルは、避妊の効果だけでなく、重い生理痛や生理不順の緩和にも効果的です。

低用量ピルは、従来用いられていた高用量ピルや中用量ピルとは異なり、ホルモン含有量を減らしさまざまな副作用を大幅に軽減することが実現した、安全性の高いもので、毎日決まった時間に1錠ずつ服用します。
一方で、アフターピルは、性交渉後に服用するのが違いです。

アフターピルは、性行為後72時間以内に服用することで避妊の期待ができます。
そのため、女性が妊娠を望まない場合には、女性主導でアフターピルを事後に服用することで避妊効果があります。
最も大切なのは、その服用する時間だと言われていて、性行為後24時間以内の服用であれば約95%、72時間以内の服用であっても約75%と高めの効果が確認されているようです。

アフターピルは、ホルモンバランスを一時的に大きく変える作用があるので、ホルモン量が多い中用量ピルが使われているのが一般的です。
そのため、低用量ピルと比べると吐き気や倦怠感、生理サイクルの乱れなどさまざまな副作用が生じます。
そのため、かなり身体への負担もあることから、常用は避け、万が一の困った時などの緊急時だけに服用することが望ましいでしょう。

それぞれの服用方法には大きな違いがありますが、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つの女性ホルモンが配合されているので、避妊に関してはかなり高い効果が期待できるものです。

アイピルにはどんな効果があるのか

アフターピルは、コンドームが破れたなどの避妊に失敗した際など、どうしてもと言った場合に用いるのが良い避妊薬です。
アフターピルには、ヤッペ法とノルレボ錠の2つの種類があり、ノルレボ錠が登場する前までは、ヤッペ法=プラノバールが緊急避妊方法として使用されていました。

このヤッペ法は、アルバート・ヤッペ医師が考案したもので、不妊治療薬として使用されていたプラノバールで妊娠しにくくするものです。
プラノバールには、卵胞ホルモンのエチニオールエストラジオールと黄体ホルモンのレボノルゲストレルが含まれ、これによってホルモンを調整し、人工的に妊娠しにくい状態にします。
この方法は、2回服用しなくてはならない手間と副作用が多いものです。

現在では、緊急避妊薬として黄体ホルモンのレボノルゲストレルを主成分としたルノレボ錠が多くの方に用いられています。
そのルノレボ錠のジェネリック品として登場したのが、アイピルです。

アイピルは、主成分のレボノルゲストレルが体内のホルモンのバランスを一時的に狂わせることによって、強制的に避妊できるという仕組みとなっています。

アイピルは、1.5mgの黄体ホルモンが含まれた1錠の薬を、性交渉後72時間以内に服用するのが服用方法で、時間の経過とともに避妊の確立が低下してしまうのが特徴です。
72時間以内であれば90%以上という高い確率で避妊ができるため、時間との勝負とも言えるでしょう。

アイピルの購入については、低用量ピルと同じように婦人科や産婦人科などの医療機関で処方して貰えますが、病院によっては取扱っていないこともあるため、事前に確認することが必要です。
処方のほかに、通販でも購入ができ、通販の場合には送料がかかりますが、処方で購入するよりもかなり安値で購入ができます。

関連記事
低用量ピルマーベロンとはどんな薬か 2019年12月28日

低用量ピルに分類されるマーベロンは、避妊したい女性におすすめの経口避妊剤です。マーベロンにはデソゲストレルとエチニルエストラジオールが有効成分として含まれており、毎日1錠ずつ飲み続けることで卵巣を休ませたり排卵を抑制するなどの効果が得られ、結果として避妊が出来ます。マーベロンは1相性のピルとなってお...

低用量ピル「トリキュラー」を解説 2019年12月26日

低用量ピルのトリキュラーは、第二世代の製品で日本の婦人科で最もポピュラーな低用量ピルと言っても良いほど第一選択肢として使われているものです。トリキュラーは、その主成分に卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールと黄体ホルモンのレボノルゲストレルが配合されたホルモン剤です。トリキュラーに含まれる卵胞ホルモ...

ピルは通販で購入できます 2019年12月23日

低用量ピルは通常はクリニックで処方してもらう処方薬で、日本ではドラッグストアなどで購入することはできません。しかし、通販サイトを利用することで購入できることをご存知でしょうか。処方薬と言っても、海外から購入することで、クリニックで処方する手間が省ける上に、価格も非常にリーズナブルです。一般的にクリニ...