公開履歴
黄色のカプセルと瓶

避妊の方法の1つに、ピルを利用する方法が挙げられます。
ピルは病院に行くことでしか購入できないと思っているケースも多く見られます。
ですが実際にはそのようなことはなく、病院での購入方法以外にも通販サイトを利用することも可能です。
通販サイトで個人輸入という方法を利用するメリットの1つが、通常価格よりもお得に利用できるという点です。

日本におけるピルの普及率を把握しているでしょうか。
実はほかの世界の国と比べると、普及率や認知度は高くありません。
そのため正しい知識を持たずに服用しているというケースもあります。
間違った形で利用すると体に悪影響が出る可能性もあるので、正しい知識を仕入れたうえで自己責任で飲むようにしましょう。

ピルは通販サイト(個人輸入)で買うことができる

避妊薬としてピルの購入を検討している方もいるでしょう。
そのような方の中には、病院へ行くのには抵抗があるなどの理由で迷っている方も多くいるかもしれません。
病院に行って処方してもらうには、医師の診断が必要不可欠です。
女医の方に見てもらうとしても、デリケートな問題なので人に相談するのは抵抗があるという方も多くいます。
そこで病院に行くのには抵抗があるという場合であれば、通販サイトを利用して購入するのも1つの手です。

通販サイトを利用してピルを購入する場合、個人輸入というスタイルを取ることになります。
ここでポイントになるのが、その場合にはどのような特徴があるのかという点です。
メリットの1つとして、病院処方よりもお得な値段で購入できるという点が挙げられます。
避妊のために飲むとしても、お金がかかると服用を迷う方もいます。
そこでお得な値段で購入できるようになることで、財布にも優しい形で服用できます。

また通販サイトを利用するメリットには、時間や場所に関係なく購入できるという点が挙げられます。
病院に行って処方してもらう場合だと、平日の昼間しか診察してもらえないというケースもあります。
平日の昼間だけだと、仕事の関係で来院できないという方もいるでしょう。
一方で通販サイトを利用する場合であれば、24時間注文に対応しています。
そのため仕事が忙しい方でも、自分の都合の良い時間帯に注文をすることが可能です。

ピルを処方してもらうために病院へ行きたくても、近くに来院できる場所がないというケースも見られます。
ですが通販サイトの場合であれば、住んでいる場所は関係ありません。
離島のような場所であっても、インターネット環境さえあれば購入できます。
自宅からパソコンで購入することや、移動中の電車内での時間を利用して注文するのも1つの手です。
自分に合ったスタイルで購入できるのも通販サイトを利用するメリットの1つです。

実際に個人輸入を利用してピルを購入する場合には、1つ注意しなければならない点が存在しています。
その注意点というのが、安心できる通販サイトを選択するということです。
個人輸入でピルを購入できるサイトの選択肢は1つではありません。
さまざまなサイトが存在しているからこそ、信頼できるところなのか見極めることが必要であり、その中でも「あんしん通販マート」は安全なサイトだと言えます。
例えば利用した方の評判を参考にすることで、信頼できるところなのか判断するのも1つの手です。

また購入前には、ピルが届くまでの日数などの確認も欠かせません。
実際に買ったものが自宅に届くまでには、1週間以上かかるケースも見られます。
急いでいる場合には、病院へ行ったほうが早いこともあります。
すぐには届かない可能性があるという点を理解したうえで、自分に合った形で通販サイトを利用することが大切です。
心配な方は問い合わせて届く日の目安を確認しましょう。

ピル通販は病院処方よりどのくらいお得?

ピルを通販サイトで購入するメリットの1つが、病院よりも安く買うことができるという点です。
ここでポイントになるのが、どのくらいお得な価格で購入できるのかという点です。
漠然とお得だからという理由だけで買う場所を決めるのではなく、具体的にどのくらいの違いがあるのか把握したうえで購入するようにしましょう。

一般的なピルの場合、病院で処方してもらうと1シートあたり2000円~4000円というケースが多くなっています。
価格に開きがあるのは、病院によって金額に違いがあるためです。
また病院で購入するのだから、保険が適用されると考えている方もいるでしょう。
ですが避妊目的で購入する場合であれば、保険は適用されずすべて自己負担です。
また継続して飲むことを考えた場合、トータルでどのくらいのお金がかかるのかという点を踏まえて判断するようにしましょう。

通販サイトでピルを購入するのであれば、1シートあたり1200円くらいで買えるケースも見られます。
ピルを購入できる通販サイトの種類も多いため、買う場所によって価格には差が出ます。
そのため少しでもお得に購入したいと考えているのであれば、通販サイトごとの価格を比較することも忘れないようにしましょう。

このように病院処方と通販におけるピルの価格を考慮すると、違いがあることが分かります。
またピルそのものの価格だけで判断するのではなく、そのほかに必要な金額があるという点も踏まえて判断することも忘れてはいけません。

病院に行って処方してもらう場合、診察料が請求されるケースも見られます。
診察料は無料にしてもらえる場合でも、家から遠い病院だと交通費が必要です。
また処方してもらうための待ち時間があると、スケジュールを空ける手間もあります。
病院に行くために仕事を休むとしたら、働く時間が減って給料にも影響するかもしれません。

一方で通販を利用するときに注意しなければならないのが、送料に関する問題です。
送料は購入金額によっては無料になることもあるので、買う前に確認することを忘れないようにしましょう。
送料の心配はあるものの、診察などに時間を取られる心配はありません。
混んでいる病院だと診察が終わるまでの時間だけで1時間以上かかることもあるため、待ち時間がないというのは通販における大きなメリットです。

病院で処方してもらう場合であれば、その場でピルを受け取れるというメリットもあります。
ピルは通販サイトによっては届くまでに時間がかかることもあるので、早くほしい方は翌日発送などの条件がないかチェックしてみましょう。
比較してみると病院処方と通販にはさまざまな違いが存在しています。
それを考慮したうえで、自分にとってよりお得な形でピルを利用するための方法を探ることが大切です。
使うのは自分だからこそ、自分に合った形を探すことも忘れてはいけません。

ピルで避妊する女性は日本ではまだ少ない

避妊薬の1つであるピルですが、実は日本における普及率や認知度は高くありません。
先進国における普及率と比較してみると、ヨーロッパの場合には3~4割ほどの女性が利用しています。
一方で日本の場合は、数%ほどの女性しか利用していません。
ここでポイントになるのが、なぜ日本ではピルの普及率や認知度が低いのかという点です。

認知度が低い理由の1つに、認可が遅かったという点が挙げられます。
認可が遅れた理由の1つに、安易な避妊が広まることを恐れたという点が挙げられます。
避妊の効果があるといっても、性感染症などを防ぐことはできません。
そのような観点から考えて、日本ではほかの先進国と比較して認可が遅かったのです。
そして認可が遅れたことが原因で、ほかの先進国よりも極端に低い普及率になっています。

またピルの利用が広まらない理由の1つに、間違った知識が広まっているという点が挙げられます。
人によっては副作用が高いため、飲まないほうが良いと考えているケースも見られます。
飲み始めは吐き気がするなどの症状が出る場合もありますが、少しすれば体が慣れて吐き気などの症状もなくなります。
ですが吐き気の症状がずっと続くなどの誤った認識をしている方も多く、ピル=危険なものととらえている方もいます。

ピルに関する間違った知識の1つに、妊娠しにくくなるという考え方があります。
服用することで、妊娠しにくい体になってしまうと考えている方も多いのです。
ですが妊娠しにくくなるというのは、あくまで服用している期間だけの話です。
そのためピルの服用を止めれば、1~3ヶ月ほどで妊娠できる状態に戻ります。
妊娠しにくくなるどころか、服用中に卵巣を休ませることで飲むのを止めてから妊娠しやすくなるという説も存在しています。

このような認知度だけの問題ではなく、ピルの普及率が低い理由には購入価格の問題もあります。
実際に病院へ行って処方してもらおうと思っても、価格が高いなどの理由でためらってしまう方も多いのです。
ですが価格の問題に関しては、個人輸入サイトの広まりによって比較的安く購入できる機会も増えてきています。
個人輸入サイトが増えてくるにつれて、日本におけるピルの使用者が増えているというのもポイントの1つです。

人によってはピル=危険なものという誤った知識を持っていることもあるでしょう。
ですが誤った知識だけで判断するのではなく、正しい情報を仕入れたうえで服用を決めることも大切です。
普及率が低いことから、周りにピルを飲んでいる方がいなくて相談できずに困っているという方もいるかもしれません。
相談相手が欲しいのであれば、病院に行くのも1つの手です。
病院に行くのが恥ずかしいというような場合であれば、SNSなどを利用して実際に服用経験のある方に相談に乗ってもらうようにしましょう。
質問サイトを利用して情報を得ることも可能です。

ピル通販のデメリットは自己責任になってしまうこと

通販サイトでピルを購入しようとする際、忘れてはならない点があります。
その中でも最も重要なポイントが、利用は自己責任になるということです。
病院に行って処方してもらう場合であれば、医師の責任で服用することが可能です。
一方で通販サイトを利用した場合には、自分の判断で購入して服用することになります。
だからこそ、自己責任で問題が起こらないように服用することが必要不可欠です。

では、問題が起こらないようにピルを飲むためには、どのような点に注意したらいいのでしょうか。
そのポイントの1つが、正しい服用方法を把握するという点です。
例えば、飲むときの大切なポイントの1つに、毎日服用するという点が挙げられます。
毎日同じ時間帯に飲むことで、避妊の効果を期待することが可能です。
1日くらい飲まなくても平気と思う方もいるでしょう。
ですが1日だけでも飲まないと効果が期待できなくなる可能性があるので注意が必要です。

毎日続けて飲むようにするために、自分が服用しやすい時間帯を選ぶのも1つの手です。
朝食後だと飲みやすいという方もいれば、朝は出かける準備で忙しいので昼食後のほうがいいという方もいるでしょう。
個人それぞれでライフスタイルには違いがあるからこそ、自分が飲みやすいタイミングを選ぶことが、ピルをより良い形で利用するための第一歩です。

では、もしも1日でも飲み忘れた場合には、どのような対応を取ればいいのでしょうか。
1回だけ飲み忘れた場合であれば、気が付いたタイミングで1錠飲んで残りの分はいつも通り飲むことで対応するのも1つの手です。
ですが2回以上飲み忘れた場合には、使用を中止するようにしましょう。
このとき医師から処方されたピルであれば、飲み忘れたときの対処方法について詳しく説明を聞くことができます。
一方で個人輸入で買ったものだと、自己責任で判断しなければなりません。

初めてのピルの利用の場合、吐き気などの症状が出て不安になってしまう方も多くいます。
しかし多少の吐き気などの症状は、ピルを飲んだ初期に出てくるケースもあります。
問題は、吐き気などの症状が出る可能性があるかを最初から把握しているかどうか、という点です。
その可能性を把握していれば、焦らずに対応できます。
ですが吐き気が出る可能性を知らないと、焦ってしまう方もいるでしょう。
落ち着いてピルを服用できるようにするためには、さまざまな状況に対応するための情報を持っていることが大切です。

病院でピルを処方してもらった場合であれば、何かあったときにすぐ問い合わせることができます。
ですが個人輸入で買った場合には、かかりつけの病院などはないため対応に困る方もいるでしょう。
そこで自己責任で対応できるようにするために、実際にピルを飲んだ経験がある方などの情報を参考にするのも1つの手です。
交流サイトなどを利用して情報を集めることも可能です。

記事一覧
不感症で悩んでいるなら薬を使いましょう

女性で不感症の悩みをお持ちの方はとても多いです。人に相談しづらい悩みという事もあり、一人で抱えてしまっているケースも多いですが、その改善策はきちんとありますし、自分にあった方法を選択していく事で悩みを解決していきましょう。その一つが薬を使った方法です。性行為を行う時に、女性用のバイアグラ(ラブグラ)...

2020年04月27日
低用量ピルの飲み忘れに要注意

避妊や生理痛の緩和のために低用量ピルを服用しているという人が増えてきています。女性にとってピルは、自分自身の体を守ることにつながる薬で、望まない妊娠を防いだり、寝込んでしまう人もいるほどつらい生理痛を緩和したりすることができます。低用量ピルは、女性のホルモンバランスの乱れを整えるととともに、子宮内膜...

2020年03月23日
ピルを飲んで生理痛緩和できる

生理のたびに、腹痛や頭痛、腰痛などの生理痛で悩んでいる女性は大変多く、鎮痛剤が手放せないという人や生理痛が我慢できなくて仕事や学校を休んでしまったり、寝込んでしまったりする日という人もいます。つらい生理痛で悩んでいるなら、生理痛緩和のために、ピルを使用してみるという方法があります。ピルと言うと避妊を...

2020年02月27日
緊急避妊薬のモーニングアフターピルとは

子どもを身ごもり育てるというプロセスは多くの女性が頭に描くことで、将来そうしたいと考える人も多いです。しかし、望まない妊娠があることも事実です。最も多いのが避妊の失敗です。避妊には実に様々な種類があります。日本でも最もポピュラーな避妊方法がコンドームによるものです。ただ、コンドームが行為の最中に外れ...

2020年01月30日
アフターピルのアイピルとは何か

妊娠を望まない場合の避妊として、ピルやコンドームが知られています。日本で最も多く利用されているのは、コンドームですがその避妊率は86%といわれているものです。一方で、ピルは75%から99.9%の避妊率と称されていて、女性自身が選択できる確実に妊娠を避けられる方法です。避妊率の差については、ピルには低...

2019年12月31日
低用量ピルマーベロンとはどんな薬か

低用量ピルに分類されるマーベロンは、避妊したい女性におすすめの経口避妊剤です。マーベロンにはデソゲストレルとエチニルエストラジオールが有効成分として含まれており、毎日1錠ずつ飲み続けることで卵巣を休ませたり排卵を抑制するなどの効果が得られ、結果として避妊が出来ます。マーベロンは1相性のピルとなってお...

2019年12月28日
低用量ピル「トリキュラー」を解説

低用量ピルのトリキュラーは、第二世代の製品で日本の婦人科で最もポピュラーな低用量ピルと言っても良いほど第一選択肢として使われているものです。トリキュラーは、その主成分に卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールと黄体ホルモンのレボノルゲストレルが配合されたホルモン剤です。トリキュラーに含まれる卵胞ホルモ...

2019年12月26日
ピルは通販で購入できます

低用量ピルは通常はクリニックで処方してもらう処方薬で、日本ではドラッグストアなどで購入することはできません。しかし、通販サイトを利用することで購入できることをご存知でしょうか。処方薬と言っても、海外から購入することで、クリニックで処方する手間が省ける上に、価格も非常にリーズナブルです。一般的にクリニ...

2019年12月23日